ダイヤの基本中の基本「4C」

ダイヤ買取の現場では「4C」という査定のポイントが存在します。
まずは、CARAT(カラット)という重量のこと。

次はCOLOR(カラー)という色のこと。
そしてCLARITY(クラリティ)という透明度、CUT(カット)という形の仕上げの4つです。
この4つの言葉の頭文字である「C」をとり「4C」と呼ばれているのです。
この4Cは、ダイヤを評価するうえでの大事な指標となりますから、この4Cでグレードが上がれば、ダイヤモンドとしての価値が上がり、ダイヤ買取査定額も上がると言えます。
クラリティでは、もちろん内包物は少ない方がいいのですが、実は、最近その内包物を人工的に消してしまおうという動きもみられます。
これには、レーザーを当てる方法や高屈折ガラスを充てんする方法などがあり、クラリティグレードを上げるという面では成功と言えるかもしれません。
しかし、ダイヤ買取では、このような処理はダイヤの価値を下げる行為として判断されます。
ですから、ダイヤ買取で査定額を上げるために手を加えるというのは間違った判断です、気をつけましょう。